印刷する 閉じる
 最新年度へ
改革者目次検索用データ

インタビュー記事

タイトル−サブタイトル
執筆者
発行年月
・相互扶助の精神で社会保障制度の見直しを
           − 安全を第一に資源と環境両面から原発・・・
藤原 正司 氏
2007年1月号
・”モノづくり“の経験を政治に活かしたい − 勤労者の声をもっと政治の場に
轟木 利治 氏
2007年2月号
・普通にまじめに働くサラリーマンの生活を守る
           − 格差を少なくして人々が参加できる・・・
池口 修次 氏
2007年3月号
・企業の枠超えて再連帯する力を組み立てる − 提唱者の自負を持って・・・
落合 清四 氏
2007年4月号
・規制緩和で疲弊した産業を魅力あるものにしたい
           − 交通労連の政策課題と運動を語る
山口 浩一 氏
2007年5月号
・公共選択論で政策と政府のあり方が変る − 膨大な政府の赤字と年金制度を・・・
中村まづる 氏
2007年6月号
・民主党の”覚悟”を国民に感じてもらう − 参議院選挙で年金問題を訴え抜く
鳩山由紀夫 氏
2007年7月号
・統合するJP労組は強力な単一組織だ
           − 全郵政スピリットを継承して、民営各社の・・・
山口 義和 氏
2007年8月号
・世界の飢餓をなくすために奮闘するWFP
玉村美保子 氏
2007年9月号
・新生・政研フォーラムに寄せて − ”自由・公正・連帯”を基本理念に
堀江  湛 氏
2007年10月号
・参議院が政策論争の主戦場になる − 生活に直結する政策課題を愚直に・・・
直嶋 正行 氏
2007年11月号
・安全対策に力を入れ労働災害ゼロ目指す − 組織拡大と充実強化は車の両輪だ
南雲 弘行 氏
2007年12月号
・豊かな民主主義的議論を求めて − 参議院の新たなる可能性の追求
江田 五月 氏
2008年1月号
・問題はオリンピック・万博後に出る − 中央の統治力が落ち中国には不安定要素・・・
渡辺 利夫 氏
2008年2月号
・長期的視点で両国関係の一層の強化を − 補完関係にある日本とベネズエラ
石川 成幸 氏
2008年3月号
・人と人との結びつきが国際援助の出発点 − 「国境なき医師団」は高い中立性・・・
小久保亜早子 氏
2008年4月号
・決定権を現場に委ねコミュニティーが決める社会を
           − 「個人・社会・経済」のハランス・・・
鈴木  寛 氏
2008年5月号
・資産ベース福祉政策に取り組むとき − 所得再配分から資産再配分へ・・・
丸尾 直美 氏
2008年6月号
・問われる日本の多国間外交力 − 複数の東アジア共同体の枠組みが並走している
大庭 三枝 氏
2008年7月号
・財政均衡優先で社会保障費を切捨てるのは筋違いだ
           − 補助金のあり方を・・・
藤井 裕久 氏
2008年8月号
・「世界の環境首都」「アジアの技術首都」を目指して
           − 地方から日本を変える・・・
北橋 健治 氏
2008年9月号
・憲法九条の政府解釈は見直すべきだ − 集団的自衛権の行使は当然認められる
西   修 氏
2008年10月号
・ナショナルゴールを示すのは政治の責任だ
           − いい国民性を話せばもっと日本が・・・
渡辺  周 氏
2008年11月号
・金融危機が示した相互依存の世界 − アフガンとイラクでは温度差を抱えつつ
岩間 陽子 氏
2008年12月号
・労働組合主義を生きた柱にする努力を
           − 勢いがあった戦後初期と今の労働運動・・・
天池 清次 氏
2009年1月号
・こんな時こそ夢を与える運動にしていきたい
           − 自動車産業は構造変化の真っただ中・・・
高倉  明 氏
2009年2月号
・一人ひとりが自己実現できる環境づくり − 組合員のモチベーション高まる春闘に
工藤 智司 氏
2009年3月号
・政権交代で日本を根幹から立て直したい
           − 政治の混乱で一番弱い層に犠牲が出る
柳澤 光美 氏
2009年4月号
・ドイツは政党、日本は個人 − 両国の政治と選挙の違いは大きい
アクセル・クライン 氏
2009年5月号
・日本郵政のガバナンスは国民の目線で − 事業も労働運動も地域社会との・・・
難波 奨二 氏
2009年6月号
・一票はハイブリッド車1台分の価値がある − 政治状況と選挙構造の今を語る
曽根 泰教氏
2009年7月号
・国力の源は労働だ − 安心して働き、暮らせる社会を
小林 正夫 氏
2009年8月号
・脅威封じ込め政策が重要だ − 当分続く中国の一党独裁体制
中嶋 嶺雄 氏
2009年9月号
・アジアで自由・人権・民主主義を − 地球規模で安全保障を考える
西原  正 氏
2009年10月号
・安全にこだわり続ける運動を構築する − 環境面に優れる鉄道を持続可能産業に
坪井 義範 氏
2009年11月号
・東京国家に対し「富士の国」を建国する
           − 国土の中央で地域主権の新モデルに挑む
川勝 平太 氏
2009年12月号
・労組・学者・政党が協力した姿 − 「民社研」結成からの50年を振り返る
堀江  湛 氏
2010年1月号
・全体最適のビジョン打ち出していく − 結成20年、節目の時代の連合運動を担う
古賀 伸明 氏
2010年2月号
・日本支えるモノづくりに政治の力を − 人づくりには良質な雇用が欠かせない
津田弥太郎 氏
2010年3月号
・もっと全体構想と理念を訴える政治に − 教育に力を入れた成長戦略の実現を
金子 洋一 氏
2010年4月号
・もっと楽しく元気で働ける職場に − 規制撤廃でネットワーク維持できる
竹内 法心 氏
2010年5月号
・高い外交見識を示すことはパワーだ − ヨーロッパともっと深いつながりを
渡邊 啓貴 氏
2010年6月号
・国民の身近に民主主義を − 地方分権地域主権国家をつくる
佐々木信夫 氏
2010年8月号
・発想変え新たなビジネスモデルを − 過去にとらわれず稼げる産業をつくる
直嶋 正行 氏
2010年9月号
・東シナ海の平和の条件 − 「正義」「犠牲」の復権を図れ
村井 友秀 氏
2010年10月号
・「新しい公共」に基づく公共事業像を − 在来型需要予測手法は大胆に見直す
三日月大造 氏
2010年11月号
・まず自助努力、次に日米同盟、そして遠交近攻
           − 中国漁船衝突事件で主権意識が・・・
長島 昭久 氏
2010年12月号
・今は胸突き八丁、1月が正念場 − 政権が長続きする希望は十分にある
川端 達夫 氏
2011年1月号
・国の向かう方向を定めよ − 先送りには限界が来た
木村 好伸 氏
2011年2月号
・予算の政策面をもっと伝えたい − 政権政党としてはまだ成長過程
城島  光力 氏
2011年3月号
・教養はユーモアである − 相手に伝える訓練が必要だ
竹内   洋 氏
2011年4月号
・納得できる検証と安全策が必要だ − 原発・エネルギーはどうなるか
十市   勉 氏
2011年5月号
・この国難を国の根本見直す契機に − 「公に尽くす」国民のDNAは健在だ
田久保忠衛 氏
2011年6月号
・3・11後の日米関係に変化はあるか − 「友だち作戦」は集団安全保障の行使
須藤  眞志 氏
2011年7月号
・変化とスピードに追いつける組合に − 出向組合員まで目配りしたい
白田  春雄 氏
2011年8月号
・労連として一体運営を目指す − 分社化に対応した労働組合を模索
越野  隆義 氏
2011年9月号
・二十一世紀の新たな試み提起を − 「改革者」は多様な議論の場に
谷藤  悦史 氏
2011年10月号
・日本は必ず再生できる − 教育・科学・文化・スポーツは元気の源
木  義明 氏
2011年11月号
・復興は臨時的、社会保障は恒久的 − 二大難題に取り組んでまとめた
藤井  裕久 氏
2011年12月号
・公益資本主義が世界を救う − 危機の原因は株主資本主義にある
原   丈人 氏
2012年1月号
・今が拉致問題を解決するチャンス − 拉致被害者家族の苦難の道を語る
横田滋・早紀江氏
2012年2月号
・アジアに災害支援の協力関係を − 戦略的にスマートパワー生かす日本外交に
内田  優香 氏
2012年3月号
・普通の相互防衛条約に再改定を − 日米安保は独立・自主の気概の問題
佐瀬  昌盛 氏
2012年4月号
・動く両院協議会に改革したい − 一票の格差解消も急ぐ課題だ
平田  健二 氏
2012年5月号
・経営力で勝負する韓国企業 − 東アジアは似た体験持つ地域だ
深川由起子 氏
2012年6月号
・もっと正確に伝わる政治にしたい − 勤労者目線の労働法制も整備
川合  孝典 氏
2012年7月号
・教育と共済は友愛会発足の理念 − フリーエージェント時代の運動構築を
今泉   昭 氏
2012年8月号
・次は多党連立政権の時代に − 国民のニーズにどこがこたえられるか
塩田   潮 氏
2012年9月号
・笑顔でがんばれる環境づくりを − 政治にも声なき声を聞き取る努力
磯ア  哲史 氏
2012年10月号
・裏づけあることを堅実にやる − 電力の安全・安定供給を果たしていきたい
浜野  喜史 氏
2012年11月号
・希望と安心のネットワークを創造 − 郵政事業はユニバーサルサービスで
定光  克之 氏
2012年12月号
・日本一の大産別組織が誕生 − 多様な業種・働き方を一つにまとめて
逢見  直人 氏
2013年1月号
・組織としてまとまった政党に − 日本のものづくりを世界に生かす
轟木  利治 氏
2013年2月号
・原子力を最低ニ割は維持すべき − 見直しには冷静な論議を
山名 元 氏
2013年3月号
・日本への期待や憧れは高い − もっと自信を持った外交を
山根 隆治 氏
2013年4月号
・ロシアはゆっくり衰退へ向かう − 北方領土二島返還論は論外だ
木村 汎 氏
2013年5月号
・民主党を同心円の集団に − 弱い立場の声を反映する政治目指す
辻   泰弘 氏
2013年6月号
・「実践知を持ったリーダー」が必要だ − リーダーシップに求められる能力とは何か
野中郁次郎 氏
2013年7月号
・いまや公共選択論の時代に − 信念がぶれないことが大事
中村 まづる 氏
2013年8月号
・ツーリズムの観点から活動 − 東北復興は私のライフワーク
千葉千枝子 氏
2013年9月号
・揺らぐアメリカらしさ − オバマ政権は軍事力行使を忌避
古森 義久 氏
2013年10月号
・二院制にふさわしい選挙制度を − 憲法上考えたい選挙・国会制度
大石 眞 氏
2013年11月号
・新たな文化を築き上げたい − 組織統合を果たしていまは変革期
小俣 利通 氏
2013年12月号
・東京五輪が楽しみな日本水泳陣 − 水泳は幅広い年代で楽しめる
平井 伯昌 氏
2014年1月号
・「新しい公共」ですべての人に居場所と出番を
      − 真に「強くてしなやかな社会」を・・・
三日月大造 氏
2014年2月号
・「元気な電気屋さん」取り戻す − 改革論議と社会的使命果たして
岸本 薫 氏
2014年3月号
・地域とのキャッチボールで − これからの交通体系と鉄道を描く
松岡 裕次 氏
2014年4月号
・外交・安全保障に力を入れていく − 振る舞いはハトで、心は強く
椎葉賀津也 氏
2014年5月号
・日本と似ているようでまるで違う韓国 − 深い関係を構築するのは難しいことを・・・
呉  善花 氏
2014年6月号
・意義は実戦とのつながりにある − 日本計画行政学会は社会のお医者さん
細野 助博 氏
2014年7月号
・納税者の納得をどう確立していくか − 高齢化で遺産税新設の検討も
横山  彰 氏
2014年8月号
・新たな単一化組織作りに挑んでいく − よいところは残して地域機能を強化・・・
津村 正男 氏
2014年9月号
・女性が声を上げたら注目が高まる − 慰安婦問題に特化して行動を起こした
山本優美子氏
2014年10月号
・様式化の歴史が朝日の歴史だ − 「典型的な日本人の思考スタイル」を示した・・・
加地 伸行 氏
2014年11月号
・組合リーダーとしての信条 「知行合一」 − 自動車産業繁栄の一翼を担う決意
八角 慎一 氏
2014年12月号
・挑戦する政治へ転換を − 地方創生のキーマン育てたい
谷藤 悦史 氏
2015年1月号
・男性が尻込みするなら女性の出番だ − 海外で活躍する女性技術者のパイオ・・・
阿部 玲子 氏
2015年2月号
・次回に政権交代を掲げられるか − 民主党のよりどころを再確認する
川端 達夫 氏
2015年3月号
・非常に冷静な対応をした日本 - ISIL人質殺害事件
板橋   功 氏
2015年4月号
・拉致解決最優先を貫け - 北は孤立すると日本カードを切る
西岡   力 氏
2015年5月号
・低線量放射線の影響は乗り越えられる - 人間の免疫力
宇賀賀津子 氏
2015年6月号
・政権交代が可能な二大政党制を目指す - 労働組合と政党の関係を中心に
川合 孝典 氏
2015年7月号
・互いに認め合う寛容な社会へ - 地域での活躍が自身を成長させる
難波 奨二 氏
2015年8月号
・国際情報戦に勝つために - 積極的に情報発信していくことが重要
太田 文雄 氏
2015年9月号
・日本の源は労働、電力は日本の基盤 - 現場の声が国を動かす
小林 正夫 氏
2015年10月号
・製造業での経験を政治に生かす - 政治の力で労働環境改善と経済の発展
轟木 利治 氏
2015年11月号
・人を大切にする経営で企業を伸ばす - 組合経験を生かし、独自の経営
近藤 宣之 氏
2015年12月号
・現実を直視して、そこからの飛躍を - 新しい時代環境だから活動が重要
神津里季生 氏
2016年1月号
・社会保障財政、失われた20年 - 今こそ、医療制度の構造改革のとき・
堀 真奈美 氏
2016年2月号
・日本人の世論の特性とは何か? - 何が変わって、何が変わらなかったか
西平 重喜 氏
2016年3月号

2016年度

タイトル−サブタイトル
執筆者
発行年月
・規制改革と成長戦略で重要なことは何か
川本  明 氏
2016年4月号
・邦人は救出されない現実を正せ -毅然と生きた日本人を書きたい
門田 隆将 氏
2016年5月号
・宗教と経済の理解には他者への共感が欠かせない
保坂 俊司 氏
2016年6月号
・選ばれるまちづくりの法則 -必要なのは、ストーリー、メッセージ、ビジョン
熊谷 俊人 氏
2016年7月号
・外国と比べながら憲法を考えよう -「井の中の蛙」を脱するカギを探る
西    修 氏
2016年8月号
・交通業界の「規制改革」に取り組みたい -単純な「規制緩和」で安全が損なわれている
山口 浩一 氏
2016年9月号
・課題は多いが「志」をもって -労組再生へ基本姿勢を問う
落合 清四 氏
2016年10月号
・多様性を尊重しながら総合力を発揮する -多様な産業の更なる組織化と政策実現力の強化
松浦 昭彦 氏
2016年11月号
・新しい「勤勉」の理念を創出しよう -「幸福」と生産性向上を両立させ賃金も上昇させる
永久 寿夫 氏
2016年12月号
・有能な候補者のリクルートこそ政党の役割だ -ドイツの政党を通して日本の政治を考える
河崎 健 氏
2017年1月号
・政権構想のない選挙協力は無理だ -年月重ねた連合の新課題を探る
逢見 直人 氏
2017年2月号
・行き詰まればロシアは必ず折れてくる -長年のロシア研究で「正論大賞」
木村   汎 氏
2017年3月号