出 版 物
改革者
購読申し込み
研究委員会
報告書
その他
月刊誌「改革者」最新号
「改革者」最新号 目次
 
下のボタンをクリックすると
1年分の表紙・羅針盤・目次が見れます。
 
バックナンバーへ
掲載論文タイトル検索データ
国際政治関係
国際経済関係
外交・安全保障
国内政治関係
国内経済関係
福祉・社会保障
雇用・労働関係
社会問題関係
インタビュー記事
改革者の主張
震災・災害復興関係

羅 針 盤(8月号)

過度の金融政策から脱却し、潜在成長率の向上を

大岩 雄次郎 ● 東京国際大学教授、政策研究フォーラム常務理事

 欧州中央銀行(ECB)が六月二十日にポルトガルのシントラで開催した年次フォーラムで、オーストラリア準備銀行のロウ総裁は、 「物価上昇が当面、政策目標を下回ることを受け入れなければならない」と発言したが、様々な構造要因の指摘に留まり、金融政策としての処方箋の提示には至らなかった。  米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は賃金が上がりにくい理由に「生産性の伸びの低さ」を挙げた。 一方、ECBのドラギ総裁は、「賃上げがそのまま物価上昇にはつながらない」ことを指摘し、 「中央銀行の手が及ばない構造要因」が値上げをためらわせている可能性に言及した。  パウエル議長からは、過度の金融緩和によるインフレ促進に否定的な発言が出された。 本来、金融政策はインフレ抑制に効果はあってもデフレへの効果には否定的な見方も多い。 政策目標以上の物価上昇を容認する政策は資産バブルや財政規律の緩みを生むリスクを高めかねない。  既に、FRBは二〇一五年から利上げを始め、ECBも量的緩和の年内終了を決め、金融政策の正常化へ動いている。 一方、二%目標を六回延期し、依然異次元の金融緩和を続ける日本との温度差が顕在化した。  では問題は何か。それは、各国の潜在成長率の低さである。二〇一七年の各国の潜在成長率は、 日本〇・七%、米国一・八%、ユーロ圏一・四%、ドイツ一・九%に留まる。潜在成長率を左右するのは構造的要因であり、 必要なのは、現実の潜在成長率を踏まえた政策立案である。  政府が六月十五日に閣議決定した経済財政運営の基本方針に於ける経済成長率の前提は、相変わらず、 実質二%、名目三%以上とし、一%以下とされる潜在成長率を大きく上回る。 それでも、二〇二五年度の基礎的財政収支(PB)黒字化は困難である。 というのは、現実の潜在成長率を勘案した場合、名目一・七%、実質一・一%とした大和総研の予測では、二〇二五年度では一七兆円近い赤字が残る。  過度な金融緩和への依存は、既に様々な副作用を生んでいるが、二〇一三年黒田日銀総裁が異次元緩和を始める前には起きなかった十年債の取引の不成立が、 今年に入ってから頻発している。過度の金融政策から脱却し、 潜在成長率の向上を図る構造政策に転換するためにも、早急に出口戦略に着手すべきである。
このページのtopへ戻る
 このページのtopへ戻る

購読申し込み
申込書の印刷はこちらをクリック
購読申込書
お申し込みはFAX・郵送のいずれかでお願いします。
個人・一般会員年会費 7,800円(雑誌代・送料含)
お振込先
ゆうちょ銀行00130-5-71314
中央労働金庫田町支店(普)9942726
三菱東京UFJ銀行田町支店(普)2512737
政策研究フォーラム
氏名
〒          住所
          
電話 FAX
e−mail 年齢         職業
『改革者』        月号より      部申し込みます。


 個人情報保護法に基づき、申込書に記載の個人情報を他に用いることはありません。
このページのtopへ戻る
 このページのtopへ戻る
 
このページのtopへ戻る
ホーム
政策研究フォーラムとは
研究委員会
海外視察
研修会
出版物
リンク
お問い合わせ