出 版 物
改革者
購読申し込み
研究委員会
報告書
その他
月刊誌「改革者」最新号
「改革者」最新号 目次
下のボタンをクリックすると
1年分の表紙・羅針盤・目次が見れます。
 
バックナンバーへ
掲載論文タイトル検索データ
国際政治関係
国際経済関係
外交・安全保障
国内政治関係
国内経済関係
福祉・社会保障
雇用・労働関係
社会問題関係
インタビュー記事
改革者の主張
震災・災害復興関係

羅 針 盤(9月号)

経済再建は当然だが、社会の改革も視野に入れよ

加藤秀治郎●東洋大学名誉教授、政策研究フォーラム副理事長

 コロナ禍の今後は分からないが、一定の収束を見たなら、議論はまず経済再建に向かうだろう。それは必要で当然のことだから、本気でやらなければならない。 二〇〇八年の「リーマンショックなみか、それ以上か」とか、「いや、一九二九年の世界恐慌なみか」などと語られるのは、その現れである。 ただ、社会の在り方を見直そうという機運が出ているのも確かである。「東京一極集中の是正」「本格的な働き方改革」などがそうだ。政治学者の私はこの延長上で議論したい。 過去に参照すべき例を求めるなら、一九七三年のオイルショックではないか。石油価格の大幅引上げで、高速道路を走る車が激減した。高度成長に酔い痴れていて良いのか、と問われた。 その一年前、ローマクラブの『成長の限界』が出て、ベストセラーになった。国際研究チームが、「現在の傾向が続くと、百年以内に地球上の成長は限界に達する」との報告書を出し、警鐘を鳴らしていた。 現在、わが国でもコロナ禍だけでなく、この数年来、大雨の被害が続き、何かしら不安を抱かせる状況になっている。経済だけでなく、最低限、こういう問題をも視野に入れて議論したいものである。 ドイツ生まれで、英国で活躍していた社会科学者ダーレンドルフは、オイルショックを受け、『現代文明にとって「自由」とは何か』でこう説いた。 戦後の「量的拡大」の成長志向から脱し、「質的改良を志向する社会」へ転換を図るべきだ、と。 この課題を担う政治勢力として、彼は中道改革派を想定し、そこに大きな可能性を見ていた。 当時のわが国では、ドイツ社民党や英国労働党をモデルに、旧来の左派路線から脱し、福祉社会を建設する勢力としなければならない、と語られていたが、西欧では課題はもっと先にある、とされていたのだ。  私は、ドイツ留学から戻るとすぐこの本を訳し、学者人生のスタートを切った。改革者の知的な課題はいつも同じで、旧式の議論に安住していてはならない、ということだと思う。 コロナの「禍」も、政治・経済・社会の転換の契機にして、「福」につなげたいものだ。国際的な取り組みも不可欠で、こちらでは「中国にどう向き合うか」との視点を持ちたい。
このページのtopへ戻る
 このページのtopへ戻る

購読申し込み
申込書の印刷はこちらをクリック
購読申込書
お申し込みはFAX・郵送のいずれかでお願いします。
個人・一般会員年会費 7,800円(雑誌代・送料含)
お振込先
ゆうちょ銀行00130-5-71314
中央労働金庫田町支店(普)9942726
三菱東京UFJ銀行田町支店(普)2512737
政策研究フォーラム
氏名
〒          住所
          
電話 FAX
e−mail 年齢         職業
『改革者』        月号より      部申し込みます。


 個人情報保護法に基づき、申込書に記載の個人情報を他に用いることはありません。
このページのtopへ戻る
 このページのtopへ戻る
 
このページのtopへ戻る
ホーム
政策研究フォーラムとは
研究委員会
海外視察
研修会
出版物
リンク
お問い合わせ